血の流れの悪化と肌トラブルとの関係性

血の流れの悪化と肌トラブルとの関係性

血の流れが良くないことで起きる病気には、脳梗塞、あるいは心筋梗塞などを想起するかもしれません。
これに対して、肌にもアザが残り易い、或いは皮下出血しがちそれから、シミやそばかすが増加するなどの悪い影響があります。
血液の中に中性脂肪が増加すると血の流れはドロドロになります。
脂肪の非常に多い肉類、或いは糖分がたくさんあるケーキなどが、肝臓において中性脂肪に変えられ血液の中に中性脂肪を増加させます。
さらに、運動不足に関しても血をドロドロにします。
運動を行わないことは、身体の中に滞留した脂肪及び糖分が燃焼されないことです。
それに加えて運動不足の状態で代謝に関する機能が低下しますので、身体に滞留した老廃物の排出もが行われなくなり、血はドロドロとなります。
また、飲酒、さらに喫煙や、水分不足といった原因も考えられます。
ドロドロの血は肌の毛細血管の端々まで行きません。
血の巡りが悪化すると栄養成分が行かず、肌の温度がダウンし代謝活動が悪くなって加齢現象が著しくなります。